昔ははんこというと、書店や事務機器類を販売しているお店などで購入していました。しかし最近はこうしたお店のほかに、100円ショップでもネーム印を購入できます。インクが長く持たないとか、印影がはっきりしないというものもあるので、オフィスなどで長く利用される場合、通常のメーカーが作っているネーム印方が安心です。

また最近はネットショップでもはんこを扱っているところが多くなっていて、はんこの専門店なども非常に多くなっていますので、こうしたインターネットショッピングのサイトから購入する方も多いでしょう。こうした専門店では珍しい苗字、お名前の方のネーム印についてもすぐに対応して作ってくれるので安心です。もちろん女性が下のお名前で作るネーム印なども対応していますし、ネーム印以外、丸型角型のビジネス印や角型印、年月日の入った合格、領収などのデータネームなどにも対応しています。

参照資料<印鑑・実印・はんこ・通販ショップ・いいはんこやどっとこむ®【公式サイト】

ネーム印は通常のサイズのものから訂正印サイズのもの、またキャップレスネーム印、ハートやクローバーなどのイラストが加えられたネーム印、大きいサイズものや認印と訂正印がツインになった商品なども販売されています。贈り物としてペンと一体型になったネーム印などもありますので、様々な用途に利用できます。

ネーム印について知っておいてほしい事の一つに、届出、手続などについて利用できないという点です。ネーム印ははんこの代わりになるものです。ただあくまでも代用品ということで、役所の届け出、銀行の窓口、契約書の捺印などについてはネーム印が利用できません。

どうしてこうした書類や契約書にネーム印が利用できないのかというと、はんこの面がゴムで作られているため、経年劣化によって印影が薄くなってしまう事、また朱肉ではなくインクが利用されているため、「捺印ではない」とされるためです。インクの場合も、年月がたつと薄くなりますし、用紙の質などによってはその劣化が顕著です。重要書類は長い期間保管しておくことが多いので、利用出来ないという事でしょう。

ネーム印と同様に印面がゴムで作られているゴム印についても、届出等の書類には利用できません。ゴム印、ネーム印は認めで利用するもので、あくまでも通常のはんことは利用する用途が違うという事を理解しておきましょう。

手続きや届け出、契約書などに利用する印は、象牙や黒水牛などの印面がゴムではないはんこを利用します。役所や銀行、契約書で利用するはんこのほか、ネーム印を利用していいのかどうか不明な場合には、必ず確認をとって捺印する方がいいでしょう。

ネーム印が登場したのは1968年、それ以降、非常に便利なはんことして全国で愛用されています。このネーム印で最も有名なメーカーの販売本数は約1億5千本といいますので、ものすごい数が売れたことがわかります。

ネーム印とは何かというと、インクがはんこに内蔵されていて、スタンプ台にはんこをつけなくても印を押すことができるというものです。インクをスムーズに流し利用できるようにするため、印のゴム部分に多数の小さな穴があり、スポンジのような厄ワイを果たし、インクをすいとり押せるようになっています。

この他、スタンプ台がはんこ内に内蔵されていて、印のゴムが回転し繰り返し押せるというものもあります。スタンプがいちいち必要ない事から家庭では宅配が来たときの認印に最適ですし、企業内でもオフィス内の回覧や書類の認めなどに活用されています。

簡易な認印として利用でき、携帯する際に便利な小さいサイズのものや、ボールペンと一体になっているものなど、ネーム印は色々な物とコラボされ、より便利な商品となって販売されています。認印ということならネーム印が常に利用できるので、玄関先に置いてあるというお宅も多く、幅広い年齢層に利用されているはんこです。

仕事でもよく利用する印鑑は色々なものがあります。特にネーム印は仕事でも家庭でもよく利用するものなのです。ネーム印も印鑑の一種ですが、印鑑というのはこのほかにも、印章、はんこ、などと色々な呼び方があります。この違いはなんでしょう。

印鑑などを扱っているお店に行くと、印章という事が多いと感じます。全部同じ言葉でしょう?という人がいますが、実はこの言葉、全部違いがあるのです。この違いを知っておくと、判を押す際、役立ちます。

まず、印章とはんこ、これは同じ意味です。手に取って押すはんこを、「はんこ」「印章」といいます。印鑑というのは何かというと、「印影の事です。つまり、はんこを押して髪に残る印のうち、登録、届出が行われたものを「印鑑」というのです。

しかしこれらの意味については、本来持っている意味という事で、現在は、印鑑もはんこも、印章も同じではんこそのものを表す言葉となっています。ただ、はんこを扱っている企業やお店が、さすがに「印鑑を販売している」という間違った表記はしないでしょう。

今回はこのはんこの中でも、私たちが最も利用する機会が多いネーム印について紹介します。ネーム印は非常に便利で、1968年に登場して以来、多くの人たちが会社、自宅で利用されています。社会人になって、ネーム印をもったことがないという人は少ないのではないでしょうか。当サイトはネーム印のこと、またどこで購入するか?という事を紹介します。皆様の知識としてご利用いただけたら幸いです。