はんこの仲間ネーム印

未分類

仕事でもよく利用する印鑑は色々なものがあります。特にネーム印は仕事でも家庭でもよく利用するものなのです。ネーム印も印鑑の一種ですが、印鑑というのはこのほかにも、印章、はんこ、などと色々な呼び方があります。この違いはなんでしょう。

印鑑などを扱っているお店に行くと、印章という事が多いと感じます。全部同じ言葉でしょう?という人がいますが、実はこの言葉、全部違いがあるのです。この違いを知っておくと、判を押す際、役立ちます。

まず、印章とはんこ、これは同じ意味です。手に取って押すはんこを、「はんこ」「印章」といいます。印鑑というのは何かというと、「印影の事です。つまり、はんこを押して髪に残る印のうち、登録、届出が行われたものを「印鑑」というのです。

しかしこれらの意味については、本来持っている意味という事で、現在は、印鑑もはんこも、印章も同じではんこそのものを表す言葉となっています。ただ、はんこを扱っている企業やお店が、さすがに「印鑑を販売している」という間違った表記はしないでしょう。

今回はこのはんこの中でも、私たちが最も利用する機会が多いネーム印について紹介します。ネーム印は非常に便利で、1968年に登場して以来、多くの人たちが会社、自宅で利用されています。社会人になって、ネーム印をもったことがないという人は少ないのではないでしょうか。当サイトはネーム印のこと、またどこで購入するか?という事を紹介します。皆様の知識としてご利用いただけたら幸いです。