利用出来ない書類などがある

未分類

ネーム印について知っておいてほしい事の一つに、届出、手続などについて利用できないという点です。ネーム印ははんこの代わりになるものです。ただあくまでも代用品ということで、役所の届け出、銀行の窓口、契約書の捺印などについてはネーム印が利用できません

どうしてこうした書類や契約書にネーム印が利用できないのかというと、はんこの面がゴムで作られているため、経年劣化によって印影が薄くなってしまう事、また朱肉ではなくインクが利用されているため、「捺印ではない」とされるためです。インクの場合も、年月がたつと薄くなりますし、用紙の質などによってはその劣化が顕著です。重要書類は長い期間保管しておくことが多いので、利用出来ないという事でしょう。

ネーム印と同様に印面がゴムで作られているゴム印についても、届出等の書類には利用できません。ゴム印、ネーム印は認めで利用するもので、あくまでも通常のはんことは利用する用途が違うという事を理解しておきましょう。

手続きや届け出、契約書などに利用する印は、象牙や黒水牛などの印面がゴムではないはんこを利用します。役所や銀行、契約書で利用するはんこのほか、ネーム印を利用していいのかどうか不明な場合には、必ず確認をとって捺印する方がいいでしょう。